上半身へのお触りが可能

トラのTシャツが気に入ってる

セクキャバとして稼ぐ方法

セクキャバの定義として、上半身だけであるなら触りながら会話を楽しむ場所になります。よって触られることに対して抵抗がない女の子であればセクキャバは稼げるという感覚で入店してしまい、まったく稼げなかったと不満を漏らす女の子も多いのが現状です。水商売というのはお色気だけでは通用しない世界であり、セクキャバも同じようにお客さんを獲得するためのテクニックがあります。 大切なのはコミュニケーションです。お客さんとの会話がうまい女の子はリピーターが付き、お客さんの指名も多く稼いでいます。どんなに魅力的な顔や身体をしていても、会話が成り立たなければ楽しめないお客さんも多いです。実際セクキャバに来るお客さんは、女の子にセクハラしながら会話を楽しみたいという方が多いようです。

セクキャバについて

セクキャバはセクシーキャバクラの略で、通常のキャバクラとは違い、利用客はキス、お触り、舐めるなどの行為は可能となっており、お店のコンセプトによりナース、セーラー服、OL、下着、ドレスなどの衣装を着用し、利用客の膝の上や乗っかかったりのサービスをします。 セクキャバは、定時になると、店内が暗くなりセクシーサービスを行う、ダウンタイム・ショータイム制や個室によりセクシーサービスを行う、個室制。常時セクシーサービスが続く、オールタイム制。また、チップを払う事でセクシーサービスを行う、チップ制などがあります。 基本的にセクキャバは、お酒を呑み会話を楽しみながら、お触り行為などを楽しむものですが、大半はお触りを中心としたものとなっています。 また、セクキャバでは上半身は、お触りする事が可能となっていますが、下半身は禁止となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加